ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

社名に「カバ(CAVA)」を使用できる
歴史あるワイナリー

12ヵ月以上の熟成が生み出す、繊細でフレッシュなカバ

ロゴ画像

カバス・ヒル Cavas Hill

【 所在地 】スペイン/カタルーニャ 【 創立 】1887年

1887年設立のクラフト・ブティック・ワイナリー

カバス・ヒルは、社名に「カバ(CAVA)」を使用できる歴史ある3社の内の1つです(※)。その歴史は、1761年にイギリスからジョセフ・ヒルがモハ(バルセロナより50km南に位置する村)に降り立った時に始まります。1887年には、ワインセラーを兼ね備えた「マシア(カタルーニャ地方特有の建物)」が建設され、「カバス・ヒル」の名でワイン生産が開始されました。現在ワインの貯蔵に使われている「カバ(カタルーニャ語で「洞窟」)」は1924年にヒル一族によって建設され、今もなおそのままの姿で残されています。
(※)現在はD.O.Cavaになっているため、法律上使用不可。

量ではなく質を重視するワイナリー

カバス・ヒルでは、ブドウの品質を保証するブドウ栽培家と長きにわたる信頼関係を築くことにより、ワインに質の高いブドウを使用することができます。また、カバは法律上最低9ヵ月の熟成が義務付けられているのに対し、カバス・ヒルでは最低12ヵ月熟成します。
「目指すものは、瓶内長期熟成によるきめ細かい泡立ちをもち、バランスがよく、繊細でフレッシュなカバを造ること」という哲学の元、造られるワインは、世界で広く愛飲されています。

ガウディとモダニズム(近代主義)へのオマージュ

カバス・ヒルは、1871~1914年のベル・エポックと呼ばれた近代主義全盛期であった1887年に設立されました。そのラベルからは、バルセロナの街と偉大な建築家ガウディに関連した、美しく興味深いストーリーが読み取れます。
「キュヴェ1887」は、ユニークながらも伝統的なパッケージに仕上がり、同時に創業時のベル・エポック、モダニズム、アールデコ時代とブランドを結びつけることにもつながっています。
プレスティージュ・キュヴェである「キュヴェ・パノ」は、バルセロナの「グラシア大通り」に敷き詰められたタイル「パノ」からインスピレーションを受けています。ガウディによってデザインされた「パノ」は、ユニークで非常に美しい、洗練された近代主義的なスタイルを反映しており、そのデザインは「キュヴェ・パノ」のラベルとキャップシールに用いられています。
また、ヒル一族時代から存在する「パノ」ルームのパズル状の床も「パノ」で構成されています。この部屋を歩くと、まるで時が止まっているかのような感覚を覚えます。漂うワインの香りからは、歴史と文化が入り混じった豊かな香りが感じられます。

先頭へジャンプ