ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

ドイツが誇る世界有数のスパークリングワイン

年間2,000万本を販売するヘンケル・トロッケン

ロゴ画像

ヘンケル&カンパニー ゼクトケラライKG社 Henkell&Co. Sektkellerei KG

【 所在地 】ドイツ/ヴィスバーデン 【 創立 】1832年

スパークリングワインの将来性を予見したヘンケル

アダム・ヘンケルは、1832年にマインツにワイン商を創設し、1856年からスパークリングワインの製造を開始しました。
現在、ヘンケル社は、ヘッセンの州都ヴィスバーデンを拠点とするドイツで最大かつ最も近代的なスパークリングワイン醸造所であり、世界的にも有数のスパークリングワインの造り手として知られています。ヘンケル・トロッケンだけでも年間2,000 万本を世界中に販売し、最大の輸出量を誇るスパークリングワイン・ブランドとなっています。

バランスのとれた均一な品質のゼクト

ゼクトはドイツのスパークリングワインの中でも高級品であり、最低6カ月の熟成期間が規定されています。ヘンケルはシャルマー方式で造られ、20万L以上の容量をもつ大型の密閉タンクで大量に第2次発酵を行うことで、バランスのとれた均一な品質の維持が可能となるのです。
ヘンケル社のゼクトは現在、世界90ヵ国に輸出され、それぞれの市場で、フランスのシャンパンに肩を並べるほどの高い評価を得ています。

真のブランドとして確立したヘンケル・トロッケン

創始者アダム・ヘンケルの孫、オットー・ヘンケルは、スパークリングワインの販売において、ヘンケル・トロッケンの広告宣伝活動を開始。ポスターデザインの巨匠、ヘンリー・メイヤーのデザインによる『黒いスーツの紳士』等をモチーフとした広告戦略は、商品の知名度を上げ、ヘンケル・トロッケンを真のブランドとして確立することに貢献しました。
それ以来、ブランドの価値を高め、育成することは、ヘンケルにとって常に重要な課題となりました。1930年代初頭に、ヘンケルが商品名として商標登録した「ピッコロ」は、ヘンケル・トロッケン200mlにのみ使用を許されていますが、これが、今や一般にゼクトの小瓶を表す同義語となっています。

先頭へジャンプ