ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

神から与えられた光~ルーチェ

ワインへの情熱と卓越した醸造技術から生まれたワイン

ロゴ画像

ルーチェ・デッラ・ヴィーテ Luce della Vite

【 所在地 】イタリア/トスカーナ 【 創立 】1995年

ワイン造りにおける偉大な2人の醸造家の融合

ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、1995年に、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィという、ワインへの情熱と卓越したワイン醸造の技術を持った、20世紀を代表する2人のワイン醸造家によって創設されたワイナリーです。
ヴィットリオの息子、ランベルト・フレスコバルディは、父とモンダヴィが持っていた高い志と成功への確信を引き継ぎ、これを、未来へと推進する栄誉を担っています。現在、このワイナリーは、マルケージ・フレスコバルディのホールディング・カンパニー、テヌーテ・ディ・トスカーナの所有となっています。

モンタルチーノで最も標高の高い畑

ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、モンタルチーノの南西にあるブドウ栽培地域にあり、標高350~420m、モンタルチーノで最も標高の高い場所のひとつです。
畑の上部は砂質と石灰岩の混合した土壌が多く、水捌けの良い、養分の少ない土壌でサンジョヴェーゼ品種の栽培に理想的です。畑の下部は粘土質が多く、メルロー品種に適した土壌となっています。太陽がさんさんと降り注ぐこの地方の長い夏と、ルーチェの南向きの畑は、ブドウがゆっくりと完熟することを可能にするとともに、ブドウに驚くほどの凝縮度と力強さを与えます。夜間は風が吹き、気温が下がるため、ブドウのアロマの複雑味が維持されます。

神から与えられた光、ワインに命を与える光

光輝く太陽とその周りを12の炎がかたどるコロナ。
中部イタリアを訪れると、アーチにはめ込まれたかなめ石や、門の鉄製部分やテラコッタのタイル等、様々な場所で目にすることができます。フレスコバルディ家が寄進した土地に建てられた、フィレンツェ、サント・スピリト教会の大祭壇にもこの紋章があります。神の光であり、人間のための光。季節の中でぬくもりをもたらし、ブドウの木を育て、ワインに命を与える光。この光によってモンタルチーノの肥沃な土地のサンジョヴェーゼとメルローというブドウに力が満ち、ルーチェというワインが生み出されるのです。

先頭へジャンプ