ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

王妃マリー・アントワネットに献上したシャンパーニュ

カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュ・メゾン

ロゴ画像

パイパー・エドシック PIPER-HEIDSIECK

【 所在地 】フランス/シャンパーニュ/ランス 【 創立 】1785年

@PiperHeidsieckJapan

宮廷を魅了したシャンパーニュ

パイパー・エドシックはフローレンス=ルイ・エドシックが1785年に創業した、歴史あるシャンパーニュ・メゾンのひとつです。
フローレンス=ルイは、「王妃にふさわしいシャンパーニュを(réussir une cuvée digne d’une reine)」という強い思いをもっていました。この言葉どおりに洗練を極めたエドシックのシャンパーニュは宮廷で人気を博すようになり、当時のフランス王妃マリー・アントワネットへ献上されました。

細かな泡ときらめく黄金色を生み出す貴重なバランス

パイパー・エドシックは、モンターニュ・ド・ランス地区からコート・デ・バール地区に至る広大なブドウ畑を所有しており、その中から厳選した100あまりの畑のブドウを使用します。
ピノ・ノワールを中心に、シャルドネとムニエをブレンドし、リザーヴワインも10~15%加えられています。
このリザーヴワインによりバランスが整い、フレッシュで上品な香りとフルーティーな味わいをもつ、美しい黄金色のシャンパーニュに仕上がります。

実力派のシェフ・ド・カーヴ

パイパー・エドシック シェフ・ド・カーヴ

2018年9月パイパー・エドシックの新たなシェフ・ド・カーヴとしてエミリアン・ブティヤが就任しました。
30代と若くして技術的な専門知識、ハイエンドシャンパーニュメゾンでのワインメーカーとしての実績、サスティナブルなブドウ栽培への取り組み、国際的で豊かな経験などパイパー・エドシックに必要な資質をすべて持ち合わせた待望のシェフ・ド・カーヴです。

エミリアン・ブティヤ

レア・シャンパーニュ シェフ・ド・カーヴ

2018年5月より、レア・シャンパーニュの専任シェフ・ド・カーヴに就任。2013年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で8回目のスパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤー受賞を達成。
ワイン造りのみならず、土壌とブドウ畑の管理にも情熱を注いでおり、ブドウの調達や地元のブドウ生産者との関係強化にも努めています。

レジス・カミュ

ジュエリー、ファッション、映画の世界とのコラボレーション

パイパー・エドシックはアート界との交流を通して、シャンパーニュの価値向上に貢献してきました。ボトルに豪華な装いを施し、シャンパーニュの高級感を演出する試みもその一環です。
1985年にヴァンクリーフ&アーペルが宝飾を担当したボトルは、当時の推定価格で100万フラン超。武装警官の腕に手錠でつながれたまま世界各国を回ったほどでした。
1999年にはジャン=ポール・ゴルチエが赤いビニールのコルセットを巻き付けたセクシーな装飾ボトルをプロデュース。官能的な膨らみを帯びたこのボトルは、時流に乗った大胆なアイコンオブジェとなりました。
2018年には、シェフ・ド・カーヴ レジス・カミュがプライベートセラーで約20年非公式に熟成させていた秘密のシャンパーニュに、フランスで最も歴史のあるジュエラー メレリオ(MELLERIO)が宝飾をデザインした限定品「レア ル・スクレ(Rare Le Secret)」をリリースしました。
また、あの偉大な女優マリリン・モンローを夢中にさせたパイパー・エドシックは、昔から映画界と深い関係をもっており、カンヌ国際映画祭をはじめ、数多くの国際映画祭をサポートしています。

ル・スクレ ハイジュエリー
ル・スクレ ゴールドスミス
ブリュット シネマ2018エディション

先頭へジャンプ