ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

ワインへの情熱を注ぎ込むソーヴィオン

世界80ヵ国のレストランで愛される高品質ミュスカデ・ワイン

ロゴ画像

ソーヴィオン Sauvion

【 所在地 】フランス/ロワール 【 創立 】1935年

産地全体の名声を高めるために努力を惜しまないソーヴィオン家

ソーヴィオン家は、1935年にナント地方の中心で、ヴァレに程近いエオリー地区に、シャトー・デュ・クレレを取得しました。シャトー・デュ・クレレは、セーヴル・エ・メーヌのブドウ栽培地域の中でも、最も長い歴史を持つシャトーのひとつで、高いアーチ式天井のセラーを持ち、そのブドウ畑を、大西洋からの海風が優しく吹き抜けています。
ソーヴィオンを経営するイヴとジャン・エルネストのソーヴィオン兄弟は、常に自社のミュスカデだけでなく、この産地全体の名声を高めるための努力を惜しみませんでした。現在、ソーヴィオンのワインの約60%が、世界80ヵ国に輸出されており、各地の著名なレストランで採用されています。
イヴ・ソーヴィオンの息子、ピエール・ジャン・ソーヴィオンは、ブドウ畑の中心にある家で生まれ、子供の頃からワインとブドウ畑に囲まれて育ちました。熱狂的なワイン好きである彼は、ボルドー大学の醸造科を卒業した後、カリフォルニア、オーストラリア及び、フランスの様々なワイン産地で醸造家として働きました。2004年にソーヴィオンの家業に加わり、すべての製造部門を担当する彼のモットーは、「ワインへの情熱」です。

海風が吹く畑のテロワールで完璧に成熟するブドウ

ソーヴィオンの95haに及ぶ自社畑は珪土の多い粘土質土壌で、ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)、グロ・プラン、シャルドネが植えられています。
穏やかな海風が吹く畑のテロワールのおかげで、ブドウは晩熟となり、そのため長い生育期間に、ブドウは完璧な成熟に達することができます。

独自のスタイルを持ったミュスカデ・ワイン

ソーヴィオンは、創業時から、品質の高いミュスカデの生産者としての地位を築き、高級レストランやワイン専門店に販売してきました。このソーヴィオンのワインの品質を極めたシリーズがオート・キュルテュール・ド・ソーヴィオンで、フィネスとエレガンスに溢れたソーヴィオン独自のスタイルを持ち、豊かな果実味としっかりした構成によって長期熟成するミュスカデのワインは、ムロン種のブドウの故郷がブルゴーニュであることを想い起こさせます。

先頭へジャンプ