ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

世界が認めるトリンバック品質

フランスの3つ星レストラン全店が採用するワイン

ロゴ画像

F.E.トリンバック社 F.E.Trimbach

【 所在地 】フランス/アルザス 【 創立 】1626年

4世紀にわたりアルザスワインの歴史と伝統を育むトリンバック家

フランスワインの銘醸地のひとつ、アルザスを代表するワイン生産者、F.E.トリンバック社は、1626年創業という長い歴史を持つワイナリーで、代々トリンバック家によって経営されています。フレデリック・エミールの造ったワインが1898年にブリュッセルで行われた国際ワインコンクールで最高賞を獲得し、社業を大きく発展させました。同社最高峰のワインに「リースリング クロ・サンテューヌ」というグランクリュの白ワインがありますが、同社が200年以上前から単独所有する、アルザスのロマネ・コンティと呼ばれるわずか1.67haの畑から、年間数千本しか生産されません。イギリスのワイン評論家、クライヴ・コーツは「世界で最高のリースリング」と評しているほどです。

ミネラル感あふれる長期熟成型の辛口リースリング

トリンバック家は、13代にわたって、辛口のワインを造り続けてきました。特にリースリングの醸造においては、ブドウが持つ純粋な果実のアロマや味わい、ミネラル感をワインに映し出すため、オークの小樽を使用せず、ステンレスタンクと昔ながらの大樽を使用しています。また瓶熟成が品質を磨き上げると考え、収穫の翌春にはボトリングを行います。非常に構成のしっかりした長期熟成型のワインは、果実味とエレガントさ、完璧なバランスを兼ね備えた、トリンバック・スタイルのワインといえるものです。

3つ星レストランが認める「食事とともに楽しめるワイン」

アルザスワインは年々甘口になる傾向がありますが、トリンバック社は「食事とともに楽しめるワイン」を造るというポリシーから、常に辛口でエレガントな味わいにこだわっています。その品質は高く評価されており、現在フランスに27あるミシュランの3つ星レストラン全店に同社のワインが採用されています(※)。

(※)フランスのミシュラン3つ星レストラン全27店(2014年2月現在)にオンリストされている唯一のアルザスワインです。

世界の祝典を彩るワイン

2009年に行われたノーベル平和賞のディナーでサーブされたワインの1つが同社のフラッグシップワイン「リースリング キュヴェ・フレデリック・エミール2004」でした。また最近では、「リースリング セレクション・ド・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2009」が2013年6月に行われたスウェーデン王室マデレーン王女の結婚披露宴の際にサーブされました。これらのワインは同社のワインメーカー、ピエール・トリンバックによって造られています。彼は、世界的なワイン雑誌「デカンタ」誌が選ぶ「世界のトップ10白ワインメーカー」の1人にも選ばれている実力の持ち主です。

先頭へジャンプ