ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
フッタへ

世界トップクラスの芸術的ワインへ

ボルドー右岸最高峰のワイン「シャトー・ペトリュス」の育ての親

ロゴ画像

J.P.ムエックス社 J.P.Moueix

【 所在地 】フランス/ボルドー 【 創立 】1937年

ボルドー右岸の可能性を予見したムエックス家

ジャン・ピエール・ムエックスは、1937年にリブルヌのプリウラ河岸に自らの名を冠したワイン商を設立しました。当時、ボルドーといえばメドック等の左岸のワインがもてはやされ、リブルヌを中心とする右岸のワインは、まだあまり知られていませんでした。しかし、ムエックス家はすでに、この土地のメルローが持つ魅惑的な個性と長期熟成する能力を予見していました。1947年、ポムロールの偉大なワインであるペトリュスの独占販売権を手に入れ、1964年にはマダム・リリー・ラコスト(1961年に死去するまでペトリュスの所有者であったマダム・ルバの姪)とともに共同所有者となりました。
それ以来、J.P.ムエックス社は、「メルローの達人」と呼ばれた醸造家ジャン・クロード・ベルーエを得て、ペトリュスの品質を高め、世界で最も希少で高価なワインへと昇華させます。1950年代以降、J.P.ムエックス社は急速に発展を遂げますが、利益をブドウ畑に投資する方針を貫き、ペトリュスの他、右岸の代表的シャトーであるラ・フルール・ペトリュス、マグドレーヌ、トロタノワ等を買収します。2008年にはサンテミリオンのシャトー・ベレールを買収しました。

世界的評価の高まる右岸ワイン

ポムロール、サンテミリオンともに、小規模な生産者によって、丁寧に栽培され、醸造されるワインは、成熟度の高い凝縮した味わいを持つワインとなります。
また、カベルネ・ソーヴィニヨンより早熟で、暖かな果実味を特色とするメルロー主体のワインは、現代のワイン愛好家に高く評価され、世界的な注目が高まるとともに、畑への投資も拡大し、ワインの品質は年々高まっています。

メルローを知り尽くした栽培・醸造チーム

J.P.ムエックス社は、自社の所有するシャトー、そしてセラーにおいても、常に最新の技術を用いて、品質の向上や伝統的な価値の尊重に努めています。
栽培担当者、醸造家、セラー・マスター、テクニカル・ディレクターは、ブドウ栽培から、醸造・熟成のあらゆる工程に細心の注意を払いながら、ワイン造りを行っています。
収穫の時期には、経験豊かなチームによって、理想的に成熟したブドウが迅速に収穫されます。

先頭へジャンプ